センター長からのメッセージ

副院長 兼 千里救命救急センター長 兼 四肢骨盤外傷センター長
林 靖之 Yasuyuki Hayashi

救急医療は時代の流れに伴い変化しつづけています。現在の救命救急センターを大きく分けると、救急初期診療をメインに行うER型と、救急初期診療だけでなく患者さんの状態が安定するまで関わる自己完結型があり、それぞれが特性を発揮しています。

千里救命救急センターは後者にあたり、ドクターカーによるプレホスピタルケアからセンター内での救急初期診療、手術やカテーテル治療、回復に向けての治療までを行っています。こうした体制の基礎となっているのは、センター開設時から受け継がれている「救急医療は現場からはじまる」というモットーです。
さらに主治医制を採用しており、担当する患者さんを継続して診ることも大きな特色です。一貫性のある診療・治療を行うことで質を高めるだけでなく、患者さんに安心していただけることや、救急医が救急に留まらず幅広い視野とスキルを身につけられることなど、多くのメリットがあります。

教育やキャリアアップ支援にも力を入れており、経験豊富な救急医が指導にあたる他、研究活動も積極的に行い、そこで得た知見を学会で発表しています。診療科や職種にかかわらず連携・協力する風通しの良い環境が、根づいていることも特長です。例えば、各診療科の専門医が行う治療に参加したり、多職種の方々と意見交換をすることで得られることも多くあるでしょう。
このように当センターは、救急医として確かな力をつけられることに加え、興味のある領域の専門性を高めていける環境が整っています。すべてのメンバーが自分の可能性を伸ばし、医師としての目標を達成してくれることを期待しています。

千里救命救急センターが求める人材像

救急医としての責任感をもった方
救急医としての責任とは、さまざまな疾患や外傷に対応できる知識や技術の習得はもちろん、多職種と連携・協力しながら診療・治療にあたること。私たちは救急医の使命を果たすために最善を尽くすメンバーと共に、より良い救命救急センターを目指したいと考えています。

副センター長からのメッセージ

伊藤 裕介
千里救命救急センター副センター長、集中治療室(ICU)室長
澤野 宏隆
Hirotaka Sawano
当センターの大きな特長は、救命・救急処置から治療までをセンター内で完結できる体制を整えていることです。またドクターカーをいち早く導入し、実績を残してきたパイオニア的な存在でもあります。プレホスピタルケアを重視し、現場とセンターとの連携を図ることで、搬送から手術やカテーテル治療を行うまでの時間を大幅に短縮していることも強みとして挙げられます。
レベルの高い救急医療を展開する環境は、これから技術を磨いていく若手の医師にとっても有効です。当センターは初期研修を終えた医師を積極的に採用しており、3年間で救急科専門医の資格を取得できるよう全面的にバックアップしています。もちろんそのためには謙虚な姿勢で学び、幅広い知識と技術を身につけなければなりません。成長できるリソースは充分に備えていると自負していますので、最大限に活用してください。
他の医療施設では治療が困難な患者さんを救い、回復までの過程に関わり、自分たちの処置や治療が貢献していることを実感できるのが、当センターで働く醍醐味です。この喜びを新たに迎えるメンバーとも分かち合いたいと思っています。

医員からのメッセージ

森山 太輝
救命救急医
森山 太揮
Taiki Moriyama
医師が力を入れて取り組みたいことを尊重してもらえる環境に魅力を感じて当センターに入職しました。先生方がやりがいを感じながら働く姿に感銘を受けたことも志望動機のひとつです。
自分自身が働きはじめて感じたのは、救急医療と集中治療に加えてサブスペシャルティをもっている先生が多く、レベルの高い救急医療を展開していることです。キャリアや職種を問わず積極的に意見交換をする関係が根づいていて、多くのことを吸収できる点も特長といえるでしょう。そして主治医制を採用しており、担当する患者さんを入院(搬送)から退院まで診ることで広い視野をもつことができます。
勤務中は忙しいですが、勤務時間が終われば担当医へ引き継ぎとなるのでオンオフのメリハリはあります。まとまった休みをとることもでき、私は大好きな海外旅行に出かけるなど充実した時間を過ごしています。
この3年間で救命救急はしっかり学ぶことができたので、これからは自分のサブスペシャルティであるIVRを極めたいと考えています。当センターは多くの症例を経験できるため、意欲のある医師にとっては働きがいのある職場です。

医員からのメッセージ

山田 大輔
救命救急医
山田 大輔
Daisuke Yamada
入院(搬送)から退院まで一貫した治療を行う自己完結型の救命救急センターであることに魅力を感じて入職しました。
主治医として患者さんに関われることに加えて、キャリアの浅いうちから手術やカテーテル治療に参加できることも当センターの特長です。私は去年、主治医の治療方針に基づいて診療を行う担当医でしたが、今年から主治医を任せてもらうようになりました。責任をもって治療方針を決めなければならないのでプレッシャーはありますが、それだけやりがいもあります。
学会発表を積極的に行っているのも当センターの特色です。年齢の近い先生から刺激を受けることも多く、良きライバルとして切磋琢磨しています。
私は脳外科をサブスペシャルティとしており、スケジュールが合った時は脳外科の手術に参加させていただくなど、自分の専門性を高めるよう努めています。こうした連携・協力体制があることはすごくありがたいです。またドクターカーの出動件数は全国トップクラスを誇り、救急医として必要な対応力が身につきます。ぜひ私たちと力を合わせて地域の救急医療を支えましょう。

医員からのメッセージ

高原 千咲
救命救急医
高原 千咲
Chisaki Takahara
専攻医として働きはじめて約半年が経ちました。スキルの習得に関してはこれからですが、職場には馴染むことができました。フレンドリーな先生が多く、普段からコミュニケーションをとっていることが大きな要因だと思います。
入職して実感した当センターの魅力は、優れた技術をもった先生方と働けることです。救命・救急処置を間近で見て学べるだけでなく、高い目標をもつことが今後のキャリア構築に役立つと思っています。キャリアや職種にかかわらず活発に意見交換ができ、さまざまなアドバイスをいただけることも成長につながっています。
救命救急に対する考え方は医師によって異なりますが、私は救命だけでなくその後の治療にも介入して患者さんの回復に貢献したいという気持ちをもっています。こうした想いとセンターの方針が合致しているので、働いていてやりがいを感じます。
救命救急センターは激務というイメージがあるかもしれませんが、オフはしっかりとれます。女性・男性問わず働きやすく、救急医として成長できる環境ですので、当センターで新たな一歩を踏みだしてください。

ページ上部へ